DIGITAL NOMAD SUMMIT

デジタルノマドサミット

デジタル技術を活用して働き、様々な場所を行き来するデジタルノマドの数は、コロナ禍においてリモートワーク普及した2019年以降急激な増加傾向にあります(*1)。デジタルノマド誘致による経済的・社会的効果は各国が注目しており、現在50か国以上がデジタルノマドビザを発給しています。日本でも、2023年5月末に開かれた観光立国推進閣僚会議で発表された「新時代のインバウンド拡大アクションプラン」にて、デジタルノマドビザ・在留資格などの本年度中の制度化が明記されました(*2)。

国内初の開催(*3)となる本イベントでは、デジタルノマドビザの最新整備状況や、他国の現状、日本におけるデジタルノマドの今後の可能性について議論します。同時期に福岡市で開催されている海外デジタルノマド誘客プロモーション事業「COLIVE FUKUOKA(コリブフクオカ」の参加者でありアルゼンチンでデジタルノマドビザ発給に関わったNicolás Germen氏に、その実態についてもご紹介いただく予定です。今後拡大すると言われるデジタルノマド市場を取り込んでいくべく、その受け入れ態勢のあり方について、ハード、ソフトの両面、並びに、行政と民間の両面を多角的に議論し、健全な市場拡大と環境整備に寄与する場にして参ります。

■ 概要:第1回デジタルノマドサミット(英名: Japan Digital Nomad Summit 2023 )

主催:一般社団法人 日本デジタルノマド協会(JDNA)
後援:福岡市
協力:一般社団法人 日本ワーケーション協会
日程:2023年10月8日(日)・ 9日(月)
10月8日:デジタルノマド市場関係者のネットワーキングを目的とした交流会
10月9日:トークセッション

会場:
10月8日:ザ・レジデンシャルスイート・福岡
10月9日:The Company ミーナ天神

テーマ:デジタルノマドビザの制度、その可能性
トークセッション内容例
基調講演(デジタルノマド受入の可能性に関するもの)
デジタルノマドビザの海外導入事例、海外での受入先進事例
日本での受け入れ態勢について 等

    参加費
  • JDNAオンラインコミュニティ会員:無料
  • 10月8・9日(2日間)参加券(非会員):1万円
  • 8日のみ参加券(非会員):7,000円
  • 9日のみ参加券(非会員):5,000円
  • 9日のみオンライン視聴参加券(非会員):5,000円

※昼食時間に予定している交流トークはオンラインでは視聴できません

イベント参加申込方法
下記「参加お申し込み」よりお申し込みください。

登壇者

Speakers
Nicolás Germen アルゼンチン出身 起業家。アルゼンチン初のデジタルノマドコミュニティの創始者。アルゼンチンにおけるデジタルノマドビザ導入の第一人者。
John Ho 香港出身 デジタルノマドの聖地と言われる人気都市タイ・チェンマイの人気コリビング&コワーキングスペース「Alt_ChiangMai」を運営。
松下 慶太 関西大学社会学部教授 関西大学社会学部教授。京都大学文学研究科にて博士(文学)。専門はメディア論、ソーシャル・デザイン。デジタル・ノマド、ワーケーション、コワーキング・スペースなどメディア・テクノロジーによる新しい働き方・働く場所を研究。近著に『ワーケーション企画入門』(学芸出版社、2022)、『ワークスタイル・アフターコロナ』(イースト・プレス、2021)、『モバイルメディア時代の働き方』(勁草書房、 2019)など。また「How the Japanese workcation embraces digital nomadic work style employees」(World Leisure Journal、2022)をはじめ英語論文誌・書籍による海外への発信も積極的に展開している。
Akina Shu Nomad University 世界を舞台に活躍する「デジタルノマド」横浜市生まれ。「ストーリーで多様性のある社会に」をビジョンに、デジタルノマドのライフスタイルを普及するメディアNomad Universityを2021年に立ち上げる。数々の海外ノマド団体や日本のコリビング、ワーケーション関連のアンバサダーを務める。日本の企業・地方行政向けに海外ノマド誘致に関するアドバイスや講演を中心に活動をしている。海外においては、日本を代表するデジタルノマドとし、世界中で英語での基調講演に登壇。
MOE 中野 智恵 日本デジタルノマド協会 代表理事 1979年 横浜市生まれ。フリーランスデザイナー
2011年 タイ王国タオ島に住み着く。2015年 CUAsiaに参加、Coworking/Colivingの世界を知る。2016年 Coworking space TAOHUBを創業。世界中のデジタルノマドの生活サポートを行いながら、CUAsiaを日本にも広めたいと活動。2019年秋田県の空き家を使ったColiving Space TANEHUBをスタート、2022年 日本デジタルノマド協会を設立。
大瀬良 亮 株式会社 遊行 1983年 長崎県長崎市生まれ。2007年 筑波大学卒業後、株式会社 電通入社。2015年 内閣官房に出向。2018年 つくば市役所にてまちづくりアドバイザー就任(~2020)。2019年 旅のサブスク「HafH(ハフ)」共同創業しサービス開始。2020年〜 一般社団法人 日本ワーケーション協会・顧問。2022年〜 株式会社 遊行 代表取締役。2023年~ 国立大学法人 金沢大学 先端観光科学研究所 特任准教授。

参加お申し込み

Tickets
JDNA入会のお申し込み

JDNAに入会をご希望の方、または入会をご検討の方は下記のページをご覧ください。

JDNA 入会について

JDNA会員向け参加券

会員の方は無料でご参加いただけます。下記フォームよりお申し込みください。

【JDNA会員向け】
デジタルノマドサミット
お申し込みフォーム


非会員向け参加券

JDNA会員ではない方は下記よりお申し込みください。

  • JDNA 一般社団法人日本デジタルノマド協会 | Japan Digital Nomad Association

一般社団法人日本デジタルノマド協会
〒018-2305 秋田県山本郡三種町外岡字中嶋135番地141

お問合せ・ご訪問はコワーキングスペースTANEHUB HONKEまで
秋田県山本郡三種町志戸橋字新田3-122

Japan Digital Nomad Association
Sotooka aza Nakajima 135-141, Mitane cho, Yamamoto gun, Akita 018-2305

Contact us @ Coworking space TANEHUB HONKE
Shitobashi Shinden 3-122
Mitane cho, Yamamoto gun, Akita

contact@japandigitalnomad.com
TEL:050-5532-8730